英検準2級の問題集の選び方と使い方

英検準2級用の問題集には、いろいろな種類がありますが、

どのようなものを選べばいいのでしょうか。


問題集に、大きく分けて2つあると思います。本番形式に近いものとそうでないものです。

前者は、筆記試験からリスニング試験までを

実際の試験のように初めから最後まで並べてあります。

ですので、時間を測って問題を解くのに適しています。


後者では、例えば分野別に問題をまとめて、集中的に攻略できるようにしてある参考書です。

問題を本格的に解いていくというよりも、苦手な文法があるのかどうかを見たり、

理解が曖昧なところを補強していくようなものです。 

分野別にまとめてありますので、語句整序問題が苦手ならそこを集中的に勉強すればいいですし、

会話文に力を入れたいなら会話文の内容一致選択問題などが羅列してある似たような問題を

繰り返し解くことで、自信をつけることができます。


このように、問題集によってもそれぞれ用途が違えば、構成も違って来ますので、

問題集を購入するときには、自分がどういったものが欲しいのかを

明確にしたうえで決めるようにしましょう。


問題集では、実際に過去に出たことのある問題を取り上げているものもあれば、

オリジナル問題として載せてある問題もあります。

また、出版社によっては、イディオムや文法問題で頻出度が高いものから順に

掲載している出版社もいます。


問題集では、実際に問題を解いていくことになるんですが、

まだその自信がなく、基礎から力をつけたいと考えている人には、

総合対策教本として販売されている参考書のほうがいいと思います。


総合対策教本、または教本というものは、準2級の英文法を分かりやすく

丁寧に解説してあるところから、準2級でメインとなる文法をしっかりと抑えることができます。

また、リスニング問題でポイントとなる点や面接試験で、

面接委員が質問する英文のどの部分を聞き取るのがとても重要なのか、

といったことまで解説している参考書もあります。


ただ、こういった教本では、文法の解説は丁寧ですが、相当数の問題数はこなせませんので、

それをしっかり頭に入れた上で、早めに問題集に取り組み、

問題をたくさん解いて経験を積みましょう。




英検準2級 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|