英検準2級の問題の内容について

英検準2級の問題のレベルは高校中級程度、

つまり高校1,2年生の範囲が出題されます。

文法、単語、内容、文の構成などもそれくらいです。

英検対策を始める前には、まず過去問題などをみて、

問題の難易度や自分がどのくらいまで太刀打ちできるのかなどをみてください。


そのうえで、文法の基本的な理解がある程度あるなら、

すぐにテキストや問題集などで多くの問題を解いていきましょう。

文法がある程度理解できれば、あとは大量に問題を解いていくことを勧めます。

これは、英検の試験形式がマーク式であることと、

試験内容が似た形で出題されるのと関係があると考えます。


文法の空欄補充問題では、文法の知識があればすぐに空欄に入る答えが分かりますし、

分からなくても、今までならってきた文法知識をもとにして、答えを導き出せることもあります。

できるだけ多くの問題にあたり、その問題をほとんど解けるように繰り返し練習するだけでも、

空欄に入れる語句を取捨選択できるような能力がつきますし、その反射も素早くなると思います。


でも、やはり文法知識が伴ってこそ、この訓練はかなり大きな力になりますので、

問題を解いていく中で忘れていた知識があればその都度補うようにして、

どんどん問題を解いていきましょう。


文法の空欄補充だけでなく、語彙に関する問題、熟語、慣用句に関する問題など、いろいろあります。

目安としては、全分野の問題をまとめている「問題集」を一冊終わらせるようにしましょう。

一冊が終わる頃には、相当な力がついていると思います。

また、この1冊が終われば、同じような問題集を買うよりは復習を徹底したほうがいいと思います。

こういった問題集をこなした後はまた新しい問題集をやるよりも、

予想問題集などの本番の形式に一番近い予想問題集などを解いたほうがいいからです。


問題集では、かなり多くの問題を収録していますので、

一冊終わらせることができるかどうか・・・といった

受験生も多いのではないでしょうか。

毎日コツコツと進めていきましょう。




英検準2級 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|