英検準2級からTOEICへ

英検受験者の年齢層も今ではだいぶ開きがあるそうです。

お子さんが小さいうちから英語教育に力を入れる家庭も多く、

今では準2級を受験する小学生がいてもあまり驚かないと思います。


小学生のうちから英検を受験すことで、英語に対する自信をつけることは

賛否両論ありますが、個人的には全くなじまない状態で中学生から

英語の文法を詰め込みで学習を始めるよりは、いいのではないかと思っています。


おそらく英検を受験し、次の目標はTOEICになると思いますが

そもそも英検とTOEICの違いは何だか、考えてみたことはあるでしょうか。

TOEICに興味を持つのが社会人など、英語をビジネスの上で必要としている人、

英検とTOEICの両方に興味を持っているのは

大学生、そして主に、英検に興味を持って受験をするのは高校生だと言われています。


TOEICは、ビジネスなどに関する語彙や、簡単なビジネス業務が行えるかをみる、

と一言で言ってしまえばこのような試験です。

それに対して、英検というのは、このTOEICからビジネス用語や語彙などを減らしたもので、

その分、慣用句や文法、など英語能力を幅広く問うものだそうです。

ですから、英語を勉強していくときは、英語の基本的な力を幅広く

英検などで養いながら、高いレベルの級の合格を目指す。

そしてある一定のレベルに到達すれば、TOEICにも挑戦してみるという方が多いと思います。

しかし、中には、まずはTOEICでネイティブなどの英語のスピードなどに

対応できるような力をつけるべきだ、という方もいます。


確かに文法や単語だけを覚えても、将来使える英語にならなければ意味がありません。

そのために、まずは英検5級や4級などを受けるよりも

TOEICから受けて800点前後のスコアを目指したほうがいいという意見です。

また、英検はあくまでも日本の国内で実施しているもので、

TOEICは世界共通の英語能力を測るテストです。


おそらくその意味で、企業などでは英検よりも、TOEICを重視

しているところが多いそうです。将来の就職も考えるとTOEICを

受けなければいけないと考える人は少なくないでしょう。


ですが、個人的な意見を言えばどちらの試験もそれぞれ同じように大切だと思います。

形での上でもう一つ、違いを述べるとすれば、TOEICでは面接試験がありませんが、

英検では面接試験がある、ということです。




英検準2級 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|